二十四節気 季節

冬至(とうじ)

更新日:

1年の中で最も、日の短いころ。

冬至(とうじ)

冬至って、なに?

「立春」から数えて、二十二番目に巡ってくるのが「冬至」です。

「とうじ」という言葉を聞いたこともあるかもしれませんが、

二十四節気では、その日1日ではなく2週間ほどが「冬至」になります。

 

冬至の意味って、なに?

漢字に注目してみると...。

冬至の「至」という字は、

「きわまる」という意味と

「ゆきつく」という意味を含んでいます。

一年で最も、日照時間の短いことから、

ー日短きこと、至(きわま)るー

と「冬至」のことを表現しました。

また、昔の人々は、日の出ている時間の短さに

死や終わりを連想しました。

そこから、冬の終わり、季節のゆきつくところ

という意味で「冬至」と名付けたのかもしれません。

 

冬至って、いつ?

「冬至」の期間は、

12月21日〜1月4日です。

2019年の「冬至」は12月22日〜翌年の1月5日です。

「冬至」はクリスマスや、お正月など

年末年始の慌ただしいころでもあります。

「ゆず湯」をしたり、かぼちゃなど「ん」のつく食べ物を食べたり、

縁起を担いで、体を壊さないようにしたいですね。

-二十四節気, , 季節
-, ,

Copyright© Season Stock Iroha , 2019 All Rights Reserved.