二十四節気 季節

穀雨(こくう)

穀物を潤すめぐみの雨のころ。

二十四節気_穀雨

穀雨とは

二十四節気・六番目の季節「穀雨」

「立春」から数えて六番目にあたるのが、この「穀雨」です。

「こくう」と読みます。

穀雨の意味とは

「穀雨」の「穀」という字はそのとおり「穀物」のことで、

穀物を潤す雨の季節であることを意味しています。

実際の季節では、まだそんなに雨降りではありませんが、

雨が降らず過ごしやすいレジャー向けの気候のころです。

穀雨の期間は

「穀雨」の期間は、たいてい4月20日〜5月4日です。

2020年の「穀雨」は4月19日〜5月4日です。

「穀雨」の後半からは、ゴールデンウィークが始まるころと覚えられますね。

穀雨の季節には

穀雨には「八十八夜」というのがあります。

八十八夜は立春から数えて88日目の日のことで、

この日に摘んだお茶はとても美味しいといわれ、茶摘みのうたにもなっています。

また、藤の花の季節でもあります。美しい藤棚には心を動かされますね。

穀雨のイラスト

  • 藤の花のイラスト

    藤の花のイラスト

  • お茶碗のイラスト

    お茶碗のイラスト

  • お茶っぱのイラスト

    お茶っぱのイラスト

  • 雨宿りをする女性のイラスト

    雨宿りする人のイラスト

  • 急須のイラスト

    急須のイラスト

 

タグ

-二十四節気, 季節,
-, ,

Copyright© Season Stock Iroha , 2020 All Rights Reserved.