フリー素材 地理

大噴火の日

更新日:

8月24日が「大噴火の日」の理由は?

79年、伊ヴェスビアス火山が噴火し、火山灰が2日にもわたって降り注いだ結果、約8メートルもの深さでポンペイの街を埋め尽くしてしまったことにちなみ、制定されました。

 

大噴火の日のイラスト

大噴火の日のイラスト 大噴火の日のぬりえ

溶岩や岩石が飛び出て、大噴火をしている山のイラストです。

-フリー素材, 地理
-,

Copyright© Season Stock Iroha , 2018 All Rights Reserved.